心臓血管外科で働く魅力

心臓血管外科で働く看護師の大きな役割の1つは、患者の身体異常を発見することです。心臓血管外科には、命にかかわる重大な病を持つ患者が入院しています。そのような患者は、身体異常が出ればすぐに手術を受けなければなりません。看護師が患者の身体異常に早期に気づくことができれば、命を救える可能性が高くなります。このように、患者の命に貢献できることは、心臓血管外科の看護師の大きなやりがいといえるでしょう。責任とやりがいがともに大きいのが、心臓血管外科で働く看護師の特徴です。

心臓血管外科では、看護師が心電図を読まなければなりません。心臓血管外科で働くことにより、結果として心電図を分析する能力を高めることができます。スキルアップを実現する意味でも、心電図が読めるようになるメリットは大きいでしょう。心臓血管外科では、他の診療科に比べて大きな手術が行われることが多いです。そのため、看護師は術後管理の技術を身につけていくことができます。

仕事内容は決して楽ではありませんが、その分技術や能力のアップをどんどん実現していくことも可能です。心臓血管外科では人工呼吸器、シリンジポンプ、輸液ポンプなどの医療機器を使用します。看護師にはそれらの機器を使いこなす能力が求められるのです。機器の操作技術を高めることができれば、その後のスキルアップにもつなげていくことができるでしょう。看護師にとって、心臓血管外科は総合力を高めたい場合にうってつけの診療科なのです。